自習室として放大の学習センターを利用する

放送大学の学習センターで自習をする

放送大学は通信制ですが、全国に学習センターとそれを補完するサテライトスペースがあります(57箇所)。これらの施設を自習スペースとして利用するには、放送大学に入学して学生になる必要があります(厳密には、学習センターの所長が許可した者も可とあります)。

全国の学習センターが使えるようになる。

放送大学の学生になると、自分の所属する学習センターだけでなく、全ての学習センターの利用が可能になります。全国57箇所に自習スペースを持てるようになるのは、とても魅力的です。

入学や学費について

ここでは、学習センターを自習室として利用することを目的として書いてますので、放送大学の詳細については、大学のホームページをご覧下さい。

入学時期

入学する機会は、4月と10月の年2回あります。

入学資格

入学するのに試験はありません(書類選考のみ)。

選科・科目履修生 15歳以上であればOK
全科履修生 大学入学資格を持っていればOK

学生の種類と費用

学生の種類は以下の3種類があります。いずれの学生も学習センターの利用が可能です。授業料は1単位の価格です。1科目は2単位なので、11000円になります。

学生の種類 入学金 授業料
全科履修生(在学期間:最長10年間) 24000円 5500円
選科履修生(在学期間:1年間) 9000円 5500円
科目履修生(在学期間:6ヶ月間) 7000円 5500円

自習室としての費用はいくら?

全科履修生で卒業するとなると、合計70万ほどかかります。今回は自習スペースの確保が目的なので、在学に最低限必要な費用をまとめてみました。

様々な利用パターンがあるかと思いますが、全科履修生として入学すると、最大で10年間在学する事ができます。ただし、連続して4学期間(2年間)履修登録をしないと、除籍になってしまいますので気をつけてください。

除籍にならないために2年に1度、1科目履修登録をすれば、最大で10年間、学習センターを自習室として利用する事が出来ます。学割が利用できるのもメリットの1つですね。パソコンソフトもアカデミックパックが購入できますし。あと学生証は、顔写真付き身分証明書としての利用価値もあります。

初期費用として、35000円[入学金24000円と1科目11000円(1単位 5500円 X 2)]が必要です。1年間しか使用しないなら約2917円/月です。これでも安いと思いますが、履修登録(1科目:11000円)を行って継続して利用するなら、さらに安く利用する事が可能です。

学習センターの利用に必要な費用一覧

自習室として利用するためには、最低1科目を履修する必要があります。自習室費用は、在学に必要な費用を月額換算したものです。

学生の種類 在学に必要な費用 自習室費用
全科履修生 35000円
[入学金24000円+1科目11000円]
約2917円/月
選科履修生 20000円
[入学金 9000円+1科目11000円]
約1667円/月
科目履修生 18000円
[入学金 7000円+1科目11000円]
3000円/月

割引利用で更に安く

テキスト教材費を削る

授業料にはテキスト代も含まれていますが、必要ない場合は、1単位につき500円割引になります。これを利用することで、1科目を10000円で履修できます。

集団入学制度を利用する

この制度は、原則として学校や企業の推薦を受けた20名以上の集団に適用されます。皆が利用できる制度ではありませんが、入学料が半額になります。

トップへ戻る